薪ボイラー

EKOーCK

EKO-CK P型鋼製温水ボイラー(公称熱出力14~110kW)は、固形燃料、木質ペレット、または石油焚き用に設計されており、小規模な施設から大規模な施設まで、主熱源または代替熱源として暖房需要を満たします。この製品は、近代的なデザイン、最新技術の統合、素材の品質、シンプルで簡単な組み立て、簡単な操作と制御によって、容易に認識することができます。
よく開発され、徹底的にテストされた技術ソリューションの適用により、このボイラーは安全で信頼できるものとなっています。

EKOーCKは循環水を沸かす一般的なボイラー。
燃焼室の回りが循環水に覆われている構造で、素早くお湯が作れる構造です。
衛生水付きバッファタンクと組み合わすことで、衛生水つまり、お風呂や洗面所などの生活用温水と、
暖房用のお湯を作ります。
欧州規格EN 304およびEN 303-5に準拠して製造されています。

以下はEKOーCKの規格表
最小の14KWから、最大は110KWまでのラインナップがあります。

EKOーCKB

EKO-CKB (公称熱出力20~50kW)は、固形燃料、木質ペレット、石油、ガス焚き用に設計されています。
このボイラーの特長は、ボイラーの水内部にステンレス製のタンクが設置されていることです。これにより、追加投資なしで家庭用温水の一定温度が保証されるため、この製品は特に興味深いものとなっている。

この製品は、その近代的なデザイン、近代的な技術の統合、素材の品質、シンプルで簡単な組み立て、簡単な操作と制御によって容易に認識することができます。よく開発され、徹底的にテストされた技術ソリューションの適用により、このボイラーは安全で信頼できるものとなっています。このボイラーの特長は、適切なペレット、オイル、ガスバーナーとボイラー制御装置を簡単に統合できることです。欧州規格EN 304およびEN 303-5に準拠して製造されています。

EKOーCKBは循環水と衛生水タンクが一つにまとまったタイプ。
EKOーCK同様、燃焼室の回りが循環水に覆われている構造で、素早くお湯が作れる構造です。
循環水の上部がステンレス製衛生水タンクになっており、暖められた循環水が衛生水を暖めます。


以下はEKOーCKBの規格表。
最小は20kwから最大の50kwのラインナップがあります。

暖めるお部屋の容積や部屋数により、組み合わせるCASアキュームレーションタンクとボイラーのサイズは決まります。
詳しくはお問い合わせください。

    PAGE TOP